このエントリーをはてなブックマークに追加
http://akiyuki.boy.jp/eve/ より転載
デモムービーが掲載されています。


タイトルこそeroge"sなんてありますが、Windowsアプリ(exeファイル)全般のエミュレーターとしての動作が期待でき、パソコンで使っているアプリの中の、負荷が軽めのものであればXPERIAで使えるようになりそうです。  

Windows用のEXEをAndroid上で直接実行できるプロセス仮想マシンを作成しました、Diracさんと一緒に作っております。

ザックリとした技術概要ですが、T98のCPUを取り出してWin32APIを実装し、実現しています。具体的には、メモリにEXEを置いてやり、1命令ずつ取り出しインタプリタしていきます。途中APIのアドレスがCALLされたら、NSDN記述どおり振る舞いを行いレジスタやメモリを書き換えるだけです。

もちろんですが、CPUやAPIは全て独自に実装しています、他の仮想化関連のオープンソースは使用していません。※前回掲載で「ホワイトボックス」と書きましたが誤記ですね、MSDN記述からの実装なので「クリーンルーム」が近いです。CPUの命令やAPIの数は尋常ではなく多く、機能も多彩なのですが、原理的にはたいしたことは無い力技になります。しかしながら、それらを実用可能な速度で誤りなく作動させるには、高度なノウハウを必要とします。で、今回は、商用利用のお誘いがありそちらを優先している為、単体公開は後回しになっています。

なんらかの制限を行いますが、自分の手で技術を確かめたい奇特な方にも、十分楽しめる物を用意しますので、気長にお待ちください。なお、近日中に本エンジンが利用された製品が販売開始しますので、ゲーム自体を普通に満喫したい方は、購入していただければ幸いです。

移植タイトルについてですが、数年オーダーで1000タイトルを用意するという大規模プロジェクトで動いています。マーケット業者がコツコツ営業しておりマスので、ロンチラインナップやオープン日など詳細情報はしばしお待ちください。
以上転載。

エクスぺリアのケースや保護カバーを

Amazonで探す amazon YahooShopで探すyahoo


あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選びkakaku