エクスぺリアの評価&口コミ情報

SONY(ソニー)のスマートフォン、XPERIA(エクスペリア)シリーズの口コミ・不具合・レビュー・発売日情報やroot化など
主な掲載機種:エクスペリアZ SO-02E, Xperia ZL(Plus), エクスペリア Dogo SO-04E, Xperia Gaga SOL22
各種ご連絡はお問い合わせフォームより。

広告

エクスぺリア発売日情報

Xperia Gaga SOL22: 2013年夏以降 Xperia Dogo SO-04E: 2013年夏以降 Xperia Z SO-02E: 2013年2月9日

WindowsでXperiaのAndroidアプリが動く!

このエントリーをはてなブックマークに追加

WindowsでXperiaのAndroidアプリが動くBlueStacks App Player

WindowsでXperiaのAndroidアプリが動くBlueStacks App Player ベータ

PC で Xperia等のAndroid アプリが使える BlueStacks App Player がリリースされました。

Androidアプリの動作モードはタブレットや大画面携帯など個別に選択することができ、ウィンドウ内やフルスクリーンのWindowsアプリと同様に動かすことができます。

さらにAndroid端末用のアプリ BlueStacks Cloud Connect を導入することで、スマートフォンやタブレットで利用中のアプリをPCのBlueStackに「プッシュ」してそのまま使うことができます。

公式サイト:http://bluestacks.com/


エクスぺリアのケースや保護カバーを

Amazonで探す amazon YahooShopで探すyahoo


あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選びkakaku

[性能比較] AQUOS PHONE "ZETA SH-09D" VS "SH-06D"

このエントリーをはてなブックマークに追加
584x249x89efe72101aad68272b2bbe1

「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」 VS 「AQUOS PHONE SH-06D」
※SH-09D発売日:2012年6月29日

項目
/機種名
AQUOS PHONE SH-09D AQUOS PHONE SH-06D 概要
液晶 4.7インチ 4.5インチ 画面サイズが大きくなり、見やすくなった。
CPU MSM8960 1.5GHz
デュアルコア
OMAP4460 1.2GHz
デュアルコア
同じデュアルコアだが、より高速なものに変更
RAM 1GB 1GB  
ROM 16GB 8GB 内蔵容量は倍になった。
電池 1900mAh 1520mAh 高性能化に伴って電池も増量。
OS AndroidTM 4.0 AndroidTM 2.3 4.0へアップ。
防水 防水対応
寸法 130x67x10.8 128x66x11.8 大きさ少し増加
重量 140g 145g 少し軽くなった。
アウトカメラ 1200万 画素 800万画素 画素数増加。
インカメラ 32万画素 32万画素 画素数のみで見ると変わらず。
Xi, WiMAX × Xiに対応。
ワンセグ  
おサイフ
ケータイ
 
赤外線  

エクスぺリアのケースや保護カバーを

Amazonで探す amazon YahooShopで探すyahoo


あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選びkakaku

Xperia Solaの発売日や仕様について

このエントリーをはてなブックマークに追加

Xperia Solaの発売日と仕様について1

■Xperia Solaの発売日について

Sony Mobile CommunicationsからAndroid搭載の新スマートフォン「Xperia sola」が発表されました。画面に触れずに操作できる「フローティングタッチ」が新機能。発売日は2012年の4月~6月の予定。

■Xperia solaのスペック・特徴

CPU:1Ghz デュアルコア
ディスプレイ:3.7インチ TFT液晶
内蔵ストレージ:8GB
外部メモリ:microSD, microSD HCで32GBまで対応
カメラ:500万画素
サイズ・重量:116.0×59.0×9.9mm/107g
OS:Android 2.3 Gingerbread ※Android4.0へアップグレード対応
内蔵バッテリー:1,320mAh
カラー:白・黒・赤

■Xperia solaのフローティングタッチ

Webページでのリンクの選択などの操作を、指をディスプレイから浮かした状態で行える。
※ページスクロールやリンク先への移動には従来通り画面に触れる必要がある。
※フローティングタッチに対応するのは発売段階ではブラウザとライブ壁紙のみ。


エクスぺリアのケースや保護カバーを

Amazonで探す amazon YahooShopで探すyahoo


あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選びkakaku

XPERIAの着信音(着メロ)やメールの受信音・通知音を好きなmp3ファイルに!

このエントリーをはてなブックマークに追加

下記手順で、XPERIA(androidスマートフォン全般で可能ですが)の着信音やメール等の通知音を好きなmp3に差し換えられます。

1. sdcardの中にaudioというフォルダを作る

2. audioフォルダの中にさらに3つフォルダを作り、その中に音楽ファイルをいれる。
・Ringtones(この中に入れた音楽は着信音の設定候補に出てきます)
・Notifications(この中に入れた音楽は通知音の設定候補に出てきます)
・Alarms(この中に入れた音楽はアラーム音の設定候補に出てきます)

フォルダの作成や音楽ファイルの移動はファイルマネージャを使用します。

これだけで完了!簡単ですね。

■関連する記事

簡単なXperiaの着信音作成アプリ
CDの曲をXPERIAに入れて聞く
ファイルマネージャに関する記事


エクスぺリアのケースや保護カバーを

Amazonで探す amazon YahooShopで探すyahoo


あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選びkakaku

XPERIA acro HD SO-03D, NX SO-02D, acro HD IS12Sで使えるmicroSD

このエントリーをはてなブックマークに追加

■XPERIA acro HD SO-03D, NX SO-02D, acro HD IS12Sで使えるmicroSDについて

※XPERIA acro HD SO-03D, NX SO-02D, acro HD IS12Sに限らず、基本的に携帯電話・スマートフォン共通で使えるmicroSD情報。

SO-03D, SO-02D, IS12Sは最大で32GBまでのmicroSDが使え、現在その32GBのmicroSDも2000円から入手可能です。アプリの追加やムービー録画など、空き容量に余裕があるにこしたことはないので、16GB以上のmicroSDが欲しいところです。

以下に、私がSO-03D, SO-02D, IS12Sで動作を確認できたmicroSDをご紹介。
※メーカー不問であればもっと安いのもあるのですが、大切なデータを保存するものなので、実績のあるメーカーをピックアップしました。
※microSDは容量(8GB, 16GBなど)の他に、Class(クラス)4とかClass10とかの種類がある。microSDの転送速度に影響する数字で、大きいほど高速(一般的に値段も高くなる)。

microsd

Samsung バルク microSDHC 32GB クラス10 超高速 サムスン Class10

新品価格 2,520円から

microsd

なお、microSDを使ってパソコンとSO-03D, SO-02D, IS12Sの間でデータのやり取りをしたい場合は、パソコン側がmicroSDを読める必要がある。

microSDをそのまま挿せるパソコンは無いので、microSDをSDに変換するアダプタは必須で、パソコンにSDを指す部分がない場合は、パソコンのUSBにつなぐカードリーダーが必要。

microsdリーダー

BUFFALO カードリーダー/ライター 55メディア対応 ブラック BSCRA55U2BK

新品価格1,527円から

microsdリーダー

エクスぺリアのケースや保護カバーを

Amazonで探す amazon YahooShopで探すyahoo


あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選びkakaku

XPERIAで使えるタッチペン

このエントリーをはてなブックマークに追加

XPERIAは静電容量式のタッチパネルを搭載しています。精度や感度については標準的で、WEB閲覧や各種アプリ操作のタッチやフリックでは特に不自由なく使えるレベルです。

ただし、静電容量式のタッチパネル全般に言えることですが下記の制限があります。
・感圧式のタッチパネルと違って爪やつまようじで押しても効かないので、精度良く押しにくい。
・濡れた手だったり手袋をしていたりすると正常に動作しない。

まず精度についてですが、絵や手書きメモを精度よく書くためには指では厳しいので、タッチペンが必要になります。会議中の簡単なメモに手書きメモを使うことがあるのでタッチペンを一本購入しました。

※↓で紹介しているもの以外でも多数タッチペンは存在しますが、「感圧式」用のペンはXPERIA(というか最近のスマホなら全部)使えないので注意してください。

■XPERIAで使えるタッチペン

Xperiaタッチペン

ELECOM スマートフォン用タッチペン 伸縮タイプ iPad iPhone iPod touch Xperia GALAXY S MEDIAS対応 シルバー P-TPEXSV

新品価格
¥982から
(2012/3/9 01:45時点)

Xperiaタッチペン
Xperiaタッチペン

静電容量式タッチパネル専用タッチペン Touch Wand(タッチワンド)M-type TWM-002BK

新品価格
¥2,350から
(2012/3/9 01:46時点)

Xperiaタッチペン

■タッチパネル対応手袋

いちいち手袋を外さなくても、静電容量式のタッチパネル対応の手袋(導電性がある)なら、そのまま電話に出られますし、タッチパネル操作も可能です。

Xperiaタッチペン

momiji gloves touch(モミジグローブ タッチ)スマートフォン対応手袋 (Sサイズ, オリーブグレー)

新品価格
¥1,200から
(2012/3/9 01:47時点)

タッチパネル手袋
Xperiaタッチペン

Agloves Sports New(アグロブ・スポーツタイプ) iPhone・スマートフォン対応手袋(男女兼用)(M/L)

新品価格
¥2,830から
(2012/3/9 01:47時点)

タッチパネル手袋
Xperiaタッチペン

スマートフォン対応 レザー手袋 メンズ用 タッチパネル対応 イーチップグローブ BROWN(茶)

新品価格
¥2,200から
(2012/3/9 01:48時点)

タッチパネル手袋

エクスぺリアのケースや保護カバーを

Amazonで探す amazon YahooShopで探すyahoo


あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選びkakaku

XPERIAの画像・写真・動画・フォルダを隠す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真やムービーを人に見せるために、人の前で「ギャラリー」や「ビデオプレイヤー」を起動することがある。さらに写真をスライドしつつ見せたりするために、一旦XPERIAを手渡すこともあるでしょう。

そんな時、多くの人は「見られたくない写真・画像・フォルダ」等があるかと。私なんて9割が見せたくない写真。

そこで、
・標準アプリの「ギャラリー(写真閲覧)」や「ビデオプレイヤー」の勝手に作成されるリスト・ギャラリーから隠す。
・見られたくないファイルだけ、再生や閲覧の際はパスワード(PIN)の入力が必要にする。
等,隠しファイル・隠しフォルダが設定可能なアプリをご紹介。

※先日ご紹介しましたAndroid assistantの機能にもあるような、ファイルマネージャー系のアプリからは閲覧可能。あくまでも標準の写真・動画プレイヤーから見えなくするアプリ。(他人のスマホでファイルマネージャ開く人なんて、そうそういないと思うので十分でしょうが)


■keep safe(無料)

入手するにはandroidマーケットで検索してください。
※ダウンロード前のページでは英語アプリであるかのような解説ですが、ばっちり日本語ソフト。

・初回起動時に、4ケタ数字のパスワード(PIN)を設定。※忘れないように

・「ギャラリーを起動」を押して、隠しファイルにしたいものを選択⇒右下の「非表示」ボタンを押せば完了。(後で隠しファイルを追加する場合は、MENUボタンから)

隠したファイルの再生は、keep safeを起動・pin入力後表示されるリストから可能。

ちなみに、隠しファイルにするだけならファイルマネージャ系アプリでも簡単に可能。.keepsafeフォルダ内の好きなフォルダ(新規作成も可)にファイルを入れてしまえば、標準のプレイヤー関係からは見えなくなる。
※この場合はkeepsafe用のファイル(hid形式)にならないので、サムネイル再作成のためにキャッシュ削除や再起動が必要。

関連)docomoのAndroidスマートフォン向けおすすめアプリ集 


エクスぺリアのケースや保護カバーを

Amazonで探す amazon YahooShopで探すyahoo


あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選びkakaku

Xperia NX SO-02Dの口コミ情報5

このエントリーをはてなブックマークに追加

5回目となったXperia NX SO-02Dレビュー紹介です。

「ガラケー機能が乏しい」というのが本装置の特徴です。

具体的には
・おサイフケータイ
・ワンセグ
といった部分はカットされており、その分スマートフォンとしての機能やデザインを突出させています。


■ガラケ機能が不要ならば買いです

arc、arc S に続いての購入です。並行してiPhone 4Sも使っています。比較がメインの評価となってしまいますが、それなりに参考にはしていただけるかも。

【デザイン】

質感はマット。コレまでの機種に比べて直線を意識したデザインになっています。私はarcのボタンデザインとメッキ丸出しのキラキラ感が苦手だったので、素直に高級感があって美しいと感じました。

スマホのデザインに関してはiPhone4/Sが最高峰だと思っていますが、これに肩を並べる端末がようやく出てきたなぁというのが正直な感想。気に入りました。ただしマット処理は使ってるうちにテカテカしがちなので、今後が多少心配ではあります。

【携帯性】

arcからは縦に数ミリ程度の延長にとどまってますが、直線主体デザインのせいかジーンズのポケットに放り込むのはちょっと窮屈。重量もアップしてますが、それでもiPhone 4Sよりは軽く、許容範囲。

【ボタン操作】

下部3ボタンが完全にタッチ式になったのは良いのですが、スリープからの復帰時にいちいち上部電源ボタンを押さなければいけないのは大きなマイナスと感じます。ホームボタンだけは物理キーでも良かったのでは・・?

【文字変換】

相変わらず優秀。前モデルから大きく改善されたとは感じませんが、もともと出来が良かったのでこんなものかもしれませんね。

【レスポンス】

操作はサクサク。大容量メモリの恩恵でしょうか。初期状態でも400MB以上空きがあります。

【メニュー】

ドコモ仕様版とソニエリオリジナル版のホームが選択できます。私自身ドコモアプリは全く使用しないので、前者は扱いにくと感じました。

後者は評判の高い従来モデルと同じ感覚で扱えますし、オススメ。とは言っても、渡しの場合ホームアプリは他の端末と合わせるためにADWに変更してしまうのですが・・・

【画面表示】

噂以上に綺麗です。サイズ的にはarc。acroと変わりませんが、画面密度は桁違い。一説によると密度はiPhone 4/Sを上回っているそうで、実際画面上のドットが肉眼で判別できません。さすがHD画質。

【通話音質】

これといって特筆すべき点なし。可もなく不可もなく、です。

【呼出音・音楽】

呼び出し音は前モデルと比して大差なし。でも楽曲チョイスは相変わらず良いです。音楽機能も目立った進化はなしかな(つまり悪ないという意味ですけど)。

ただしこの世代からMacとのUSB直結ファイル転送ができなくなったようで、Macユーザーの私は苦労してます・・・。Windowsだったらすごく便利かというとそんなこともないので、この辺は総合的な改善希望。

【バッテリー】

電池切れで困ったということは今のところ無いですが、やはり2コアCPUと大解像度の液晶がかなり電力を食う模様。

バッテリは完全埋め込み式で予備に交換するという使い方もできないので、外部バッテリを用意しておくと安心。

【総評】

性能面では手放しで絶賛します! 1.5GHzの2コアと大容量のメモリとストレージは素晴らしい。

素の状態で本体ストレージが1.75GB、内蔵ストレージが26GB 程度空いてます。通常運用で容量不足を感じることはないでしょう。

前述しましたが、スリープから復帰できるのは上部電源ボタンのみ。片手持ちでは押しにくく不便です。カメラや音量ボタンで復帰できるようなバージョンアップを期待します。

忘れていけないのがカメラ。レンズと素子の性能は段違いに進化していますね。これちょっとスゴイ・・・。薄暗い暗所での撮影なら、並のコンデジより明るく撮れます。

LTE(Xi)非対応は残念でしたが、電波環境が整った頃に買い換えのつもりなのでよしとします。

総じてこの端末については満足してます。市場の興味は防水全部入りのacro HDに向いているようですが、おサイフやワンセグは使わないという方、デザインがお気に召したのならNXはオススメできます。


■初Xperia

SH-12C(初スマホ)からの機種変で、初Xperiaです。

【デザイン】

見た感じは写真で見るよりか実物は少し安っぽいです。ですが背面のデザインはとても良く好みで、フローティングプリズムもキレイですね。余計なものが無いシンプルな所が好きです。

【携帯性】

重さはSH-12Cとほぼ変わらないし、余計な出っ張りもないデザインなので特に気になっていません。

【ボタン操作】

ホームなどのハードキーがタッチに変わったところがまだ慣れていないので若干戸惑いますが、慣れですかね。

【文字変換】

特に問題もなく優秀だと思います。

【レスポンス】

SH-12Cではブラウザ・アプリを複数起動すると重くなったり落ちたりしてましたが、こちらでは今のところ問題なくサクサク動いてますね。

タッチの感度も良好です。ただSO-02Dの標準ブラウザは重い&使い勝手が悪いと思います。

【メニュー】

通知領域に何も操作メニューが無い、タスクマネージャー?が無いなどはちょっと戸惑いました。

【画面表示】

当然キレイですね。ただ好みはそれぞれあると思いますので、実機で確認することをオススメします。

【通話音質】

特に問題なし。

【呼出音・音楽】

音楽は.flac等もあるので標準プレーヤーは使ってません。スピーカーはなかなか良いんじゃないでしょうか。

【バッテリー】

SH-12Cがバッテリー容量少ない&ガラケー機能搭載だったので、それと比べると全然良いですね。

ただ取り外し不可能なのは痛い。(フリーズした場合は電源ボタンとサイドのボリュームボタンを同時長押しで強制的に電源を落とせます)

【総評】

SH-12Cは標準機能の使いやすさやベールビューも便利だったのでその点は若干マイナスですが、おサイフケータイ以外のガラケー機能は必要に感じなかった事(おサイフも使えなくなりましたが無くても困らないので)、デザイン・バッテリー容量・アップデートへの期待などで買い換えたので満足はしています。

AQUOS PHONEもandroid4.0へのアップデートをすると言っていますが、SH-12Cが含まれているかはまだ分からないので。それに4.0にアプデするならデュアルコアの端末が欲しかった。


■L-07Cからの乗り換えです。

当初はSO-03Dを検討していましたが、ガラケー機能はいらなかったのでこの機種にしました。まだスマホ歴は短いので詳しいレビューはできませんが感じたことを少々。

【デザイン】

前XPERIAに比べると斬新さは無く、堅実なフォルムです。裏面はマット加工になっていますが、汚れ指紋が付き難い反面掌がサラサラだと滑り落ちてしまいそうです。

唯一のアクセントであるフローティングプリズムは暗いところだと結構綺麗です。色が変えられないは残念ですね。

【携帯性】

スマホでは大きく重い部類に入ると思います。私(男)の手でもギリギリですね。これ以上大きいと片手操作は難しいでしょう。

【ボタン操作】

電源、音量、シャッターボタン以外の物理ボタンがありません。ホームキー等はタッチパネルです。

私は初スマホがタッチパネルだったので特に問題はありませんが、物理ボタンに慣れている方は違和感があるようです。

【文字変換】

前機種との比較になりますが、レスポンスも感度も良く、予測変換も賢くなったのでこの点は満足です。

【レスポンス】

タッチ感度はかなり良いと思います。ブラウザは可もなく不可もなく普通です。重いページは重いし、軽いページは軽いです。

軽めのページなら操作は快適です。wifi接続時は、さほど気になりません。

【メニュー】

やはりホームのdocomo Palette UIは重いです。カクモサします。できるなら別途アプリを入れたいところですね。

通知領域にwifiやマナーモード等のワンタッチボタンがないのでNotification Launcher等のアプリを入れると使いやすくなります。

【画面表示】

綺麗です。HDは伊達じゃないです。肉眼でドットが見えません(笑)

ただ、高解像度であるが故、文字が小さく表示されてしまいます。これは仕方のないことですが、購入検討される場合は実機で必ず確認したほうが良いと思います。画像ではなく文字です。

ある程度はフォントのサイズ切り替えで乗り切れますが対応していなかったり、表示がずれたりします。

【通話音質】

良いです。と言うより普通です。必要最低限はクリアしているかと思います。

【呼出音・音楽】

スピーカーもイヤホンも携帯にしてはかなり優秀だと思います。ただDAPと比べたらいかんですよ。

【バッテリー】

ほとんど使わなかった約4時間は100%⇒92%。それなりに使った(wifi通信含む)約4時間は90%⇒50%。使うと結構な勢いで消耗するようです。

やはりHD液晶がネックなのでしょうか。

【総評】

ガラケー機能はありませんので、それがないと困る人は購入対象にはなりません。私は幸いガラケー機能は全く必要無かったので、この機種にしました。

当たり前ですが、自分が納得して購入したので満足しています。

SO-03Dの陰に隠れあまり人気はありませんがandroid2.3搭載端末では目立たぬ優等生と言ったところでしょうか。

android4.0にアップデートされる方向なようなのでそれはそれで楽しみな端末です。


エクスぺリアのケースや保護カバーを

Amazonで探す amazon YahooShopで探すyahoo


あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選びkakaku

XPERIAを懐中電灯代わりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

XPERIAを懐中電灯代わりに使えるアプリのご紹介。

マーケットで探せばいろいろ見つかるが、不具合があったり余計な機能がついてたり・・・

「必要最低限な機能」を「すぐに・軽く」使えるアプリ:ライト ガラパゴスフリーをご紹介。XPERIAと相性も良く、動作異常は一度もない。

■ライト ガラパゴスフリーの主な機能

起動するとスイッチが2個表示。左のスイッチをオンにすると、カメラ用のフラッシュライトが点灯(すごく明るい!)。右のスイッチをオンにすると、ディスプレイが輝度最大・白画面表示になり、フラッシュほどではないが優しめに明るくするのに重宝。

Google Play(androidマーケット)で、「ライト ガラパゴスフリー」で検索で見つかります。


エクスぺリアのケースや保護カバーを

Amazonで探す amazon YahooShopで探すyahoo


あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選びkakaku

省電力の設定でXPERIAのバッテリー長持ち

このエントリーをはてなブックマークに追加

使い方にもよりますが、

・動作するアプリの増加
・使用方法の多様化(ゲーム・インターネット)
・本体の高性能化

にともなう消費電力増加 から、XPERIA(スマホ全般ですが)は電池持ちが悪く感じます。消費電力を必要最低限にする方法をご案内します。

■電源管理ウィジェット

ホームのアイコンの無い場所で長押し⇒「ウィジェット」⇒「Androidウィジェット」で、「電源管理」(一番下の方)を選ぶとホームに設置できます。

アイコン4つ分幅があるので(小さくカスタマイズ出来たらいいのになあ・・・)スペースを取りますが、以下の機能をホーム画面からワンタッチでon/off切り替えができます。

1. Wi-Fi(無線LAN)

一番左のアイコンです。WiMAXやXiを搭載していないモデルのXPERIAの場合、無線LANでの通信を行う場所はだいたい決まった場所になると思います(私の場合、自宅・会社以外では使いません)。

そもそも3Gでしか使ってない人は常時offで。※Onだとアクセスポイントを探すために電波を飛ばして電気を食います。

2. Bluetooth

左から二番目のアイコンで、主に無線イヤホン・マイクに使います。

・音楽やゲームをイヤホンで聞く場合
・イヤホンマイクでハンズフリー通話する場合

等を除く、Bluetooth機器を使わない時だったり、そもそもBluetooth機器を使ってない人はoffで。

Wi-Fiと同じく電波を発信しなくなり消費電力を抑えられます。

3. GPS(位置情報取得)

真ん中のアイコンです。地図やナビを使うとき以外offでいいと思います。

天気予報にも使えますが、そもそもXPERIAのGPSの性能を考えると、yahoo等からインターネットで情報取得のほうが良さそうですし。

4.自動更新

G-mailなど、常時更新が欲しい機能を使っている場合や、家にいてすぐ充電できる場合であれば常時on。

それ以外のケースであればWEBやアプリを使うときだけOnにすればいいと思います。※offにしていてもemail(xxx@ezweb.ne.jp)や通話には影響しません。

5.画面明るさ

・明るさ最大(使用感としてはずっとこれでいいのですが、消費電力も最大です)

・標準
・バックライトoff
・明るさセンサで自動調節

が切り替えられます。利用シーンに合わせて切り替えるとよいです。


エクスぺリアのケースや保護カバーを

Amazonで探す amazon YahooShopで探すyahoo


あなたのお住まいの地域で最安のブロードバンド選びkakaku